ご挨拶

環境企業の一員として、人と地球の未来を守ります。
director ご挨拶

当社では、2009年より毎年「環境報告書」、「環境・社会報告書」を発行してまいりましたが、2016年からは更なる情報開示とCSR活動の向上を目的として「CSR報告書」という形で当社の活動内容を、皆さまのお手元にお届けさせていただくことといたしました。 これには、企業としての発展とともに、広く社会に貢献し、責任感の強い団体でありたいとの願いを込めています。 どうかご一読いただき、ご意見をお寄せいただければ幸いです。

CSRに対する関心の高まり

近年ほどCSR の重要性に対して、世界的な関心が高まっている時代はありません。
CSR とは、企業が活動の基盤とする社会との関わりにおいて負う責任であり、 日々の企業活動の中に社会的公正性や倫理性、環境への配慮などを反映させていくことです。
良質な製品・サービスの供給による利益だけを追求す

る、といったこれまでの考え方では不十分であり、社会的存在としての企業は、様々な社会との関わり・貢献を考慮しな ければなりません。なぜ今、CSR への関心が世界的に高まっているのでしょうか。

環境企業としてのCSR

様々な企業が規模を拡大するとともに、活動・構造は複雑化し、そのプロセスが社会に与える影響も大きくなるため、企業の責任は無視できないものとなっています。また、あとをたたない企業ぐるみの不祥事など、企業としての倫理観の欠如という側面も、社会的責任が求められるようになった要因でしょう。
同様に、企業の生産活動に伴う環境破壊に対しても長きにわたり、世界的に厳しい目が注がれております。
当社は創業時よりリサイクル再資源化事業を基幹としており、公害が社会問題化した高度成長期から環境保全対策が必要となった近年まで、一貫して安全・安心・信頼をお届けできるよう尽力してまいりました。

情報開示とステークホルダーの皆さまとの対話

私たち環境企業は、経営の戦略性が増せば増すほど、持続可能な社会の実現に向けての環境情報開示が重要となります。 経営の実態を明らかにしつつ、私たち固有のリサイクル再資源化技術につきまして、ステークホルダーの皆さまにご理解をいただけることが何よりの喜びであると考えています。
今後ともご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

shomei
事業内容
収集運搬事業
リサイクル再資源化事業
不要機器類資源化事業
トナー関連物リサイクル事業
清掃・メンテナンスサービス事業
環境報告書
採用情報